【家やマンションを高く売るコツ・早く売るコツ】プロに聞いてみた!

家を高く売る

家やマンションを高く売るコツ・早く売るコツについて、その道25年のプロに聞いてみましたので、分かりやすく解説したいと思います。

 

私が実際にマンションを売却した際に、お世話になった営業マンの方から根ほり葉ほり聞きまくった内容です(笑)

 

営業マンの方とプライベートでも仲良くなり、容赦なく質問攻めにして、損得感情ナシのぶっちゃけで教えてもらいました。

 

不動産業界に従事して25年以上になる営業マンの方からの情報なので、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

 

【家やマンションを高く売るコツ】最も高く売る方法は?

家を高く売る

まず、家やマンションを最も高く売る方法は、不動産会社ではなくて一般人の買主を探すことです。

 

一般人の買主は、不動産に対しても素人なので、相場よりも高く売ることができます。

 

ただし、この方法には2つのデメリットがあります。

 

売り主としての責任がつきまとう

1つ目は「売り主としての責任が付きまとう」ということです。
専門用語では、瑕疵担保責任と言ったりもします。

 

「売ってしまえばすべて終わり」ではなく、売り主としての責任が付きまとうので、大変なんですね。

 

早く売ることができない

また、2つ目のデメリットは「早く売ることができない」ということです。
不動産の素人が、一般人の買主を見つけるのは、そう簡単なことではありません。

 

…ということで、この「一般の買主を探す」という方法は、最も高く売れるものの、デメリットも大きいため、あまりオススメはできません。

 

家やマンションを「早く」売るには?

【家やマンションを高く売るコツ・早く売るコツ】プロに聞いてみた!

家やマンションを「早く」売るには、不動産のプロに買ってもらうのが一番です。

 

不動産のプロ、すなわち不動産会社に買ってもらうと、早く売ることができますし、売り主としての責任(瑕疵担保責任)もないので、精神的にもラクです。

 

ただしデメリットとして、不動産会社に買ってもらう場合には、基本的には高く売ることができません。

 

不動産会社は、基本的に再販売することを目的に購入するため、どうしても売却価格が低くなってしまいます。

 

ただし、不動産会社の中には、再販売目的ではなくて、収益物件として長期的に保有しようと思って購入する会社もあります。

 

その場合、利回りを重視するので、売却価格が必ず低くなるワケではありません。

 

つまり、どの不動産会社に買ってもらうかで売却価格も全然違うということです。

 

【まとめ】家やマンションを高く・早く売るための3つのポイント

以上の内容を踏まえて、家やマンションを高く・早く売るための3つのポイントを紹介します。

 

大手の不動産仲介業者を選ぶ

大手の不動産仲介業者なら、社内研修がしっかりしていて、コンプライアンス等にも精通しているため、すみやかに売却してくれます。

 

大手と言うのは、テレビCMとかでも認知度が高いようなところですね。

 

ちなみに、賃貸系の不動産会社(具体的な名前は出しませんが)は、よっぽど条件が良くない限り、避けておいたほうが良いかと思います。

 

賃貸系の不動産会社は知識も浅く、あまり良くない会社が多いです。

 

複数の不動産仲介業者で査定してもらう

上記でも説明しましたが、不動産会社に買ってもらう場合に、その不動産会社がどういう目的で購入しようとしてるかによって、査定額が変わってきます。

 

もし1社だけの査定で判断しようとすると、向こうの言い値で売却するほかありません。

 

なので、複数の不動産会社で査定してもらうのは必須です。

 

不動産無料一括査定サービスを利用する

家を高く売る

不動産無料一括査定を利用するのが、一番手っ取り早くてオススメの方法です。

 

複数の不動産会社での査定額を比較できるので、その中からじっくりと選ぶことができますし、他にも査定を出していることが伝わるため、交渉しなくとも、それなりに高い査定額が出てきます。

 

無料一括査定サービスはいくつかありますが、業界最大手のイエウールが利用者も多いため、安心して使うことができます。

 

イエウール

≫イエウールで無料査定する

 

 

 

≫イエウール TOP